カプチーノ中古車見積

カプチーノ プロフィール

スズキ.カプチーノが登場したのは91年11月。軽自動車という枠の中でありながら、
2シーター・オープンのFRスポーツというコンセプトが斬新であり今現在ではありえない
存在である。搭載されていたエンジンは3気筒657ccDOHCインタークーラーターボで64馬力を発し
、これに5速MTのトランスミッションが組み合わされていた。
その走りは軽快で軽自動車とは思えない走りが今でも人気である。
その存在だけに注目が集まりがちのカプチーノであるが、3分割のハードトップが、
タルガトップ.Tバールーフ.フルオープンと変化するのもすごい。
95年5月にはエンジンがオールアルミ製のK6A型へと変更となるマイナーチェンジを実施。
最高出力の64馬力に変化はなかったが、エンジン重量が軽くなり前後の重量配分が51:49となった
。ちなみに、チューニングの面から言うと前期型のF6Aエンジンが人気。
また、それまでトランスミッションは5速MTのみの設定であったが、新たに3速ATも登場する。
あわせて AT車には電動パワーステアリングが装備されドライバびりティーが向上。
その後、マイナーチェンジは加えられず98年末に残念ながら製産終了。
 
カプチーノ 中古車見積査定データ

   買取人気度:★★★★★
   買取人気色:   −

   中古車相場:(この価格は、買取査定の価格ではありません)
            EA11/EA21系 49.0万円 〜135.5万円
車種・年式・走行距離のご入力で概算価格がわかる
買取実績No.1 ガリバーのオンライン無料査定
Gulliver
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33711794

この記事へのトラックバック


Excerpt: スズキ・カプチーノカプチーノ (Cappuccino) とは、1991年から発売されたスズキ (自動車メーカー)|スズキの軽自動車。いわゆる、平成ABCトリオのCである。.wikilis{font-s..
Weblog: 中古車を探してみる その1
Tracked: 2007-10-01 10:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。